A3!  見逃し配信動画を第1話〜最終話全話見る方法!ネタバレと感想も!

1.A3!を全話を無料で視聴できるサイトとは?

配信サイト 配信状況 登録リンク
31日間無料
1ヶ月無料*
2週間無料
31日間無料

*FODプレミアムはAmazonペイでの利用のみ初回1ヶ月無料

2.A3!各話のネタバレと感想

第1話 満開の未来へ

第1話のネタバレ

初めは佐久間咲也のモノローグからストーリーは始まります。咲也が一人舞台に立ち、スポットライトがあたり、これから芝居を始めるかのような……そんな感じでした。

The Show must Go On !

最高のショーの始まりです!

一人ぼっちの劇団

咲也は川辺でシェイクスピアの「お気に召すまま」を読みながら演技の練習をしていました。道を通りかかる人には怪しい人だと思われています。その中には彼の姿も……

開演1時間前となり、慌ててその場所を後にしました。そしてビロード街を全速力で走る咲也は途中でストリートACTをしている2人を見かけます。GOD座の高遠丞飛鳥晴翔でした。GOD座のストリートACTが終わると観客は皆拍手をしました。

そこに一人誰かが寄っていって「あのー、GOD座って団員募集してませんか?」と聞く男性が。寮とかあれば……と聞きますが「うちはそういうのないんだよね!」と晴翔がぶっきらぼうに言います。

 

そこに咲也が割って入り、「もし寮をお探しでしたらうちの劇団が……」と言いつつも、時計を見て「MANKAIカンパニーをよろしくお願いしまーす!」と言い、慌てて走り去って行きました。一方立花いづみは貰った手紙を頼りにMANKAIカンパニーを訪れていました。「ここ……だよね……」

そこはいかにも古い建物で看板に大きく『MANKAIカンパニー』と書かれている大きな劇場でした。手紙を見つつ「お父さん……」と思っていると、「オイお前、この劇場になんか用か!?」と金髪メガネの男・古市左京が話しかけてきました。

そして「用がないならさっさと立ち去れ、危ない目にあいたくなければな」と古市に言われます。すると子分の迫田が乗るショベルカーがやって来て、建物を壊そうとします。「迫田、やれ!!」

 

しかしそこに「やめてくださーい!」とメガネの支配人・松川伊助が止めにきました。しかし「ただし看板だけだ。建物はバーに改装する」と古市は言います。「借金を全額返せなければ実力行使させてもらうと言っただろ」古市は続けて言いました。

すると松川は「これから公演なんです!お金が入れば利子分くらいは何とか!」と頼み込み、看板の取り壊しは一旦ストップとなります。しかし、チケットはゼロ、当日券もゼロ、開演も3分前ということなのにお客さんが誰もいないという状態です。そのため古市は迫田に「後はやっておけ」と言います。

松川が「待ってください! 今日は一生に一度の初舞台なんですー!」と言いますが、古市は全く聞く耳を持ちません。

 

そして「客なら、ここにいます!」といづみは古市に言いました。

咲也の初演技

そしてついに舞台が開演します。客席にいるのはいづみと古市だけで「止めたこと、後悔すんなよ」と古市はいづみに言いました。舞台には咲也が一人だけいました。ついに咲也の演技が始まります。

いざ始まってみたら演技が上手いとは決して言えずむしろ大根状態で、いづみは思わず「えっ!?」と声が出てしまいました。そして「他の団員は?」といづみは言うと、咲也の元へオウムの亀吉が飛んできて団員は咲也一人だと喋りました。しかも歩いた時に転んでしまいます。それでも全くめげずに咲也は演技を続けました。

その姿を見ていづみは「この子は演技をするのが楽しいんだな」と思いながらも、自分の過去のことを思い出していました。「私の初舞台も楽しくてただただ夢中でなんだかわからないうちに終わってた」と走馬灯のように……

 

そして咲也の舞台は終わりました。いづみ一人だけが拍手をしました。そして古市は直ちに「さて、壊すか」と言いました。そこでいづみは「あんなに頑張ってる姿を見た後で……鬼ですか!」と古市に言います。しかし古市は「ここは金をもらって人を楽しませる場だろ。この世に努力だけでどうにもなることなんてねーんだよ!」と言います。

いづみは過去に自分には演技の才能はないと言われたことを思い出します。また、咲也も「ここなくなっちゃうんですか!?潰さないでください!」と頼みますが、古市は断ると言いました。咲也は追いかけて、俺にはこの場所が必要だと訴えます。

そこに松川も出てきました。また盛り上がる可能性があると言いますが古市は「何度もチャンスを与えてきた、もう交渉の余地はない。ありえん」と言ってその場から去ります。松川はまた幸夫さんが戻ってくれば……と言った時、いづみは「もしかして幸夫って父の立花幸夫ですか?」と松川に聞きました。すると松川は「あなた、幸夫さんの娘さん?」と聞き返します。

 

そして松川はいづみに父親について聞きますが、8年前から家に帰ってきていないということをいづみは言いました。「あてが外れたみたいだな」と古市は言いました。ここは専用劇場で団員寮も備えているため維持するコストが大きいとのこと。8年前まではは春夏秋冬4ユニットで回しながら上演していたので、その4ユニットが回さないとこのMANKAIカンパニーは成り立たないのです。

いづみの嘘

古市はショベルカーの迫田にやれと言いました。そんな時いづみは「あー! 思い出したー!」と大きな声で言います。「もしものことがあったら劇団を頼むって言われてたんですよねー!」と言いました。

そして「4ユニット揃えればいいんですよね?」と古市に聞きます。古市は何人だ?と聞くと、いづみは2人ならすぐにと答えました。すると古市は今日の日没までなら待つと言いました。それができなければ看板は即取り壊しだということに。

 

そしていづみ、咲也、松川は団員を探しにビロード街に向かいました。古市は「下手くそな芝居だな。幸夫さんと大違いじゃないか」とまるでいづみのことを知っているようなことを小さく口にしました。

ビロード街に着き、いづみは松川と咲也に先程言ったことは嘘だったと明かします。そしてこれから本格的に2名の団員を集めることになりました。しかし咲也は「きっと大丈夫です!俺も手伝います! せっかくの劇団を無くしたくないです」と言いました。そしていづみはすぐに団員を集める方法について話します。

路上オーディションの芝居作戦

それは路上で松川がこれから路上オーディションを始めるという作戦で、咲也がオーディションを受けるということを大声でやることでした。いづみは狙い通り注目は集まっていると思いました。

しかも途中で松川が「監督!入団試験の課題をお願いします!」といづみに向かって言います。「えっ!?」そしていづみも急遽参加することに。正直演技が下手すぎて、周りからはひどいねと言われながらもグダグダのまま芝居を続けました。しまいには全く見向きもされなくなってきました。

しかし遠くから一人上から見ている男性がいることにいづみは気づきました。そこでその男性に寄っていき、「あの、演劇に興味ありませんか?」とその男性に声をかけます。そして咲也は「真澄くん!?」と声をかけました。

 

それは咲也の学校の後輩、碓氷真澄でした。実は咲也が川辺で演技の練習をしていた際、近くを通りかかったのは真澄だったのです。しかし「お前誰?」と真澄に言われてしまいます。さらに真澄はいづみに「あんたそこにいるの?」と聞きます。いづみは「私は……」というと「あんたがないなら入らない」と真澄は言います。

しかし後ろから松川が「何言ってるんですか監督!あなたは総監督ですよ!」と話すと真澄は上からヒョイと降りてきて、「あんたがいるなら入る」ということで真澄の入団が決まりました。

真澄の初演技と綴の入団

真澄は先程のオーディションの芝居に参加します。「エントリー2番 碓氷真澄16歳。趣味は音楽鑑賞……かな?MANKAIカンパニーに入って監督のために頑張りたいと思う……」と芝居を始めました。

すると周りの若い女性達が真澄の元に集まってきて、みんな真澄にキャーキャーと注目しています。いづみと松川は真澄を褒めていましたが、そこに真澄が来ていづみに「今のどうだった?」と聞きます。

松川が「よかったよ」と言うと真澄は「お前には聞いていない」と…… そこでいづみは「よかったよ!」というと真澄ははにかんで喜んだような顔をしました。約束の時間になろうとしていました。「時間切れですかね……」と松川が言うと咲也がとある姿を見かけて、追いかけていきました。

 

あの人!」「俺、人の顔と名前を覚えるの得意なので!」と言いながらその人の後を追いかけて行きました。それはビロード街でストリートACTの後、GOD座に入ろうとしていた男性・皆木綴でした。しかし追いかけた咲也は女性とぶつかり転んでしまいます。そこに女性が落としたチラシを見て咲也は何かを思い出したかのように、突然演技をはじめました。

それはシェイクスピアの「お気に召すまま」でした。そこで綴は後ろを振り返り、「このセリフなんだっけ?……シェイクスピア?」と小さく呟きました。咲也と綴はシェイクスピアのセリフを同時に言い始めました。

そこにいづみ達も追いついて、2人の様子を伺っていました。いづみは「劇団に興味はないですか?」そして松川も「お探しの寮もありますよ」と綴に言いました。

すると綴は「俺、全然経験ないけどいいの?」と言います。咲也が「俺も未経験で入りました!」と言いました。しかし綴は「俺、役者ってより脚本書いてみたいんだけど」と言います。そこでいづみは「劇作家兼役者でってことでよいかな?」と綴に提案しました。

 

それなら入ると綴は言い、正式に真澄と綴の2人の入団が決まりました。そして夕方になり、咲也が急いで戻らないと!と言い、皆は劇場に戻ることに。そして古市の元へ着きました。

看板を取り壊さない条件とは

しかし古市は「今日のところは看板を壊さずにしておいてやると言っただけだ」と言いました。松川が「せっかく新生春組が発足できそうなのに!団員が集まれば旗揚げ公演が!」と言います。

古市はそれはいつだと聞くと松川は「監督!」といづみに答えを委ねます。いづみは「もしやるとしたらじっくり稽古を積んで半年後くらいなら……」と言いますが、古市は「来月だ!」と言います。その後、次の3つの条件をクリアできるなら借金の返済を待ってやると言います。

・来月までに新生春組の旗揚げ公演を行い千秋楽を満員にすること
・年内に4ユニット分の団員を集め公演を成功させること
・一年以内に借金を完済すること

この条件のうちどれか一つでも達成できなければ、問答無用でここを潰すという内容でした。しかしいづみは年内なんてと言うと、古市は「甘ったれてるんじゃねえ!借金がいくらあるか知っているのか?1000万円だ!これは最大の譲歩だそれともお前が借金を肩代わりするなら別だがな」と言います。そしていづみの手を古市はとりましたが、彼女に触るなと真澄が古市の手を振り払います。

 

そしてもう一つ「お前がここの総監督になることが条件だ」といづみに言います。いづみは「なんで私が!?」と言いますが古市は「やっぱり逃げるのか?父親と同じだな」と言いました。

それに対し松川は「幸夫さんはそんな人じゃありません! 幸夫さんが演劇が本当に大好きで!」というと古市は「好きなだけでは務まらない!」と言いました。そして咲也も「それでも好きだからこそ頑張れることだってたくさんあります!」と言いました。「それでだめならもっともっとがんばります!俺は舞台が好きです!どんなに辛くっても諦めません!」と続けて言います。

そして綴も「俺もやる前から諦めたくないっす」と言います。続けて真澄も「まだあんたの為に何にもしてない」と言います。それを見ていたいづみは「わかりました、私が総監督をやります!」と宣言するのでした。

第1話の感想

遂に始まりました、エーアニ!今までスマホでしか会えなかった彼らがアニメになりました!昨年のBlooming Live(ブルライ)でアニメ化の発表があり、やっとここまでたどり着きました。

第1話は少しだけ脚色があったものの、春組第1章の序盤辺りをやっていましたね。とにかくセリフが多かった!セリフを追いかけるので精一杯でしたが、何とか書き上げることができました。

まだメンバーは3人しか集まっていませんが、きっと来週には5人揃うことでしょう(揃って欲しいなぁ……)!あと特に思ったのが「ストーリーがとても綺麗だな」ということ。初めの咲也が舞台に立っているシーンとか、一つ一つのシーンが丁寧に描かれていて、綺麗だなと思いました。

 

作画も気になるところでしたが、特に問題はなさそうですね.ボイスもいづみ以外はアプリと同じなので、違和感は全くなかったです。いづみのボイスもかなり良くて、「名塚さんでよかった〜!」と思いました。

このままの調子で春組に頑張ってもらって、次の夏組にちゃんとバトンを渡せるように一視聴者としてこれから見守っていきたいと思います。早く第2話オンエアこないかな〜♪♪

 

第2話ロミオとジュリアス

新生春組集まる

残りの2人

「さて、今日は新入団員の勧誘をします。というわけで稽古も兼ねてストリートACTをしましょう」

MANKAI劇場の存続をかけ、古市左京からの無理難題を受け入れてしまった立花いづみたち。

限られた時間の中で、まず一行は新生春組となる新入団員の勧誘に当たることにしました。

劇団の寮に住むことになった3人といづみ。「監督はこの部屋を使って下さい」と松川がいづみを案内しました。実はこの部屋はいづみの父が使っていた部屋で、いづみは「ありがとうございます」と言いました。

ビロードウェイでストリートACTを行う3人ですが、周りの人達は「何あれ!」「ひどいね」などと見向きもせずに通り過ぎていきます。すると見た目が怪しい異国の男性が声をかけてきました。

謎の怪しい異国人とエリートサラリーマン

「ワタシ、入ルネ。MANKAIカンパニー!」「それなら詳しい話を聞かせてください」

演劇経験の少ない佐久間咲也たちによる拙いストリートACTでの勧誘は続けますが、シトロンが咲也をブンブンと回し、咲也がフラフラ状態で男性にぶつかりました。

その男性は物件探しをしていたようで、いづみは「ちょっとお話よろしいですか!?」と言いました。

男性は荷物の関係で……と困りますが、咲也がシトロンと2人部屋でも良いと言ったのでその男性は「うん!」と言って了解しました。

そして2人を勧誘することに成功しました。「本日めでたく、茅ヶ崎至さんとシトロン君が入団してくれました!
早速なんだけど、次の公演の演目を決めたいと思います。」

ロミオとジュリアス

綴の本気

新生春組が結成し、早速初公演の演目決めに取り掛かろうとする一行。
そんな中、脚本家志望だった皆木綴が「自身に脚本を書かせてくれないか」と志願します。「あの…!俺が脚本を書きたいんですけど」

「1週間稽古に出なくてもいいよ、その代わり必ず脚本を上げて」といづみは綴に台本を託します。
時間は少ないため、稽古の時間を割く事にためらう様子を見せるいづみ。

そして、あまりに真剣な綴に「1週間以内に必ず仕上げる」という条件の下で台本を書く許可を出します。

「初代春組の台本で先に読み合わせを始めておくとか…」「ううん、綴君を信じましょう」

1週間で仕上げるというプロでも難しい条件に不安を覚える松川伊助。しかし、そんな松川をよそに「綴を信じる」と言ういづみ。

「今日で1週間、綴君の様子はどう? 脚本が書けたって事?綴君!」

そして、そこには寝不足で床に倒れている綴の姿と書き終えた脚本がありました。

「ジュリエットが男になっているみたいですね」「来月の公演は、この本でいこう!」

配役も決まり、至の部屋に台本を持っていったいづみ。
ドアを開けた瞬間、薄暗い部屋でゲームをしている誰かがいました。

ゲーマーの正体は

「至さんお加減はどう……」といづみが部屋に入ろうとすると、「入るな!!」と怒鳴られビクッとするいづみ。「あー、くそっ……今ので3キルは逃した…… くそっ殺すぞザコ」と言い、いづみに近づいてきました。「勝手に入ってんじゃねぇよ 今取り込み中なの わかんない?」と言うと、いづみは「ど……どちら様ですか!?」と聞きます。

すると「茅ヶ崎至ですけど何か」と。

昼間はエリートサラリーマンの至が夜になるとゲーマーに豹変するのでした。

 

第2話の感想

ついに新生春組、5人揃うことができました! 昼間はエリートサラリーマンで夜になるとゲーマー化する至さんと、異国の地からやってきた謎の怪しい外国人のシトロン。こうして見てみると春組って一見普通のユニットだと思っていたのですが、意外と個性的なメンバーですよね!

そして綴くん! 悲劇の「ロミオとジュリエット」を男子の友情ものに書き換えるなんて本当に素晴らしいです! これから毎回台本を書いていくので、誰か綴くんにリポDを差し入れしてあげて下さい!

今度の3話からはいよいよ稽古に入ると思いますが、筆者はあのシーンを動画で見てみたいので、第3話に入らないかなー!と期待しています。ヒントは○○でみんなが○○○することです!

3.A3!のあらすじ

天鵞絨町にある演劇の聖地「ビロードウェイ」。その中にある劇団「MANKAIカンパニー」は、借金1000万円を抱え、劇団員は1人しかおらず閑古鳥が鳴いている潰れかけの弱小劇団だった。

創設者である父の行方を捜してMANKAIカンパニーを訪れた主人公(あなた)は、ふとしたきっかけで劇団の再建を依頼され、いきなり主宰兼総監督に任命されてしまう。ヤクザにも目をつけられ、いつ潰されてもおかしくない大ピンチのオンボロ劇団を、あなたは救うことができるのだろうか?

4.A3!の主題歌、オープニングやエンディング

TVアニメ『A3!』SEASON SPRING&SUMMER オープニングテーマ情報
【A3!】アニメOP「Act! Addict! Actors!」
【タイトル】Act! Addict! Actors!
【アーティスト】:A3ders![佐久間咲也、皇 天馬、摂津万里、月岡 紬(CV:酒井広大、江口拓也、沢城千春、田丸篤志)]
【価格】1182円[税別]
【発売日】:2020年2月5日(水)
【収録楽曲】
01.Act! Addict! Actors!
作詞・作曲・編曲:大石昌良
02.Act! Addict! Actors! (佐久間咲也Ver.)
03.Act! Addict! Actors! (皇 天馬Ver.)
04.Act! Addict! Actors! (摂津万里Ver.)
05.Act! Addict! Actors! (月岡 紬Ver.)
06.Act! Addict! Actors! (Instrumental.)

TVアニメ『A3!』SEASON SPRING&SUMMER エンディングテーマ情報
【タイトル】Home/オレンジ・ハート
【アーティスト】:春組/夏組
【価格】1182円[税別]
【発売日】:2020年3月4日(水)
【収録楽曲】
01 Home
作詞・作曲・編曲:園田健太郎
春組[佐久間咲也、碓氷真澄、皆木 綴、茅ヶ崎 至、シトロン(CV:酒井広大、白井悠介、西山宏太朗、浅沼晋太郎、五十嵐 雅)]
02 オレンジ・ハート
作詞・作曲・編曲:ヒゲドライバー
夏組[皇 天馬、瑠璃川 幸、向坂 椋、斑鳩三角、三好一成(CV:江口拓也、土岐隼一、山谷祥生、廣瀬大介、小澤 廉)]
03 Home(TV size)
04 オレンジ・ハート(TV size)
05 Home(Instrumental)
06 オレンジ・ハート(Instrumental)

5.A3!の会社・スタッフ

アニメ
原作 リベル・エンタテインメント
監督 篠原啓輔
シリーズ構成 ハヤシナオキ
脚本 ハヤシナオキ
キャラクターデザイン 小松真梨子
音楽 横山克、橋口佳奈
アニメーション制作 P.A.WORKS×Studio 3Hz
製作 A3! ANIMATION PROJECT
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 SEASON SPRING & SUMMER:
2020年1月 - 3月予定
SEASON AUTUMN & WINTER:
2020年7月 - 9月予定

6. A3!の主な声優

キャスト
春組
佐久間咲也:酒井広大
碓氷真澄:白井悠介
皆木綴:西山宏太朗
茅ヶ崎至:浅沼晋太郎
シトロン:五十嵐雅

夏組
皇天馬:江口拓也
瑠璃川 幸:土岐隼一
向坂椋:山谷祥生
斑鳩三角:廣瀬大介
三好一成:小澤廉

秋組
摂津万里:沢城千春
兵頭十座:武内駿輔
七尾太一:濱健人
伏見臣:熊谷健太郎
古市左京:帆世雄一

冬組
月岡紬:田丸篤志
高遠丞:佐藤拓也
御影密:寺島惇太
有栖川誉:豊永利行
雪白東:柿原徹也

松川伊助:小西克幸
立花いづみ:名塚佳織

7.A3!のまとめ

A3!アニメ(エーアニ)のまとめとなります。

スマートフォンアプリリリースからちょうど3年というおめでたい時にアニメで動くMANKAIカンパニーのメンバーを見ることができるというのは大変ありがたいことです!

今期は春組と夏組のストーリーをやり、7月から今度は秋組と冬組のストーリーをやる。何だか季節が逆転していますよね。

1ユニット6話計算なのでしょうか?

となると6話までは春組、7話以降が夏組ということになりますね。

次回の第2話も大いに期待しています♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事