「地縛少年花子くん」見逃し配信動画を第1話〜最終話全話を無料で見る方法!ネタバレと感想も!

2020年1月9日より「地縛少年花子くん」の放送が始まります。

Gファンタジーで人気連載中の、地縛少年花子くんのアニメ化。

レトロな世界観が美しい、ハートフルコメディです。

 

この記事では「地縛少年花子くん」の動画を無料で全話見る方法を紹介します。

 

「地縛少年花子くん」を見逃してしまった方やもう一度見たいと思っている方は是非、この記事を参考にしてみてください。

1話から最新話まで感想やあらすじをまとめているので、きっと全体像を把握してもらえるはずです。

1 「地縛少年花子くん」を全話を無料で視聴するサイトとは?

地縛少年花子くんを、常時無料で配信しているサイトはありません。ですが期間限定で無料配信しているサイトが何か所かありますので、活用すればすべて無料で見ることが出来ます。

すでに無料期間が終了している場合は、見放題サイトに無料お試し期間がある場合がありますので、それを活用すれば無料で見ることも出来るでしょう。

無料配信期間のあるサイトをまとめましたので参考にしてみてください。

配信サイト 配信状況 登録リンク
31日間無料
1ヶ月無料*
2週間無料
31日間無料

*FODプレミアムはAmazonペイでの利用のみ初回1ヶ月無料

2 「地縛少年花子くん」各話のネタバレと感想

第1話 トイレの花子さん


第1話のあらすじ


寧々は学園の七不思議のひとつである、トイレの花子さんを呼び出す。

なんでも願いを叶えてくれるというその怪異に、寧々は好きな人と両想いになりたいと願った。

しかし、なかなか作戦はうまくいかない。そんな中、寧々は危険なアイテムに手を出してしまうのだった。


第1話のネタバレ

七不思議の七番目 トイレの花子さん


寧々の通うかもめ学園には、七不思議があります。その中でも一番有名なお話であるトイレの花子さん。花子さんを呼び出すと、なんでも1つ願いを叶えてくれるというものです。ですが願いを叶えてもらうその代償に、大切なものを1つ取られてしまいます。

寧々は願いを叶えてもらうために、トイレの花子さんを呼び出しました。出てきた花子さんは、噂で聞いていたようなおかっぱに赤いスカートの女の子ではありません。しかし出てきた学ランを着た男の子は、確かに自分が花子さんだと名乗ります。イメージと違う花子さんに面を食らう寧々ですが、気を取り直して願いを口にします。

それは、好きな人と両想いになりたいという願いでした。

恋愛成就作戦


寧々のが両想いになりたい相手は、2年の源先輩。かっこよくて誰にでも優しい、人気のある先輩です。花子くんはさっそく寧々の願いを叶えるために、恋愛のハウトゥ本を取り出します。不思議な力を使って願いを叶えてもらえると思っていた寧々ですが、実際にはとても普通の恋愛アピールが始まりました。

寧々の特技を生かそうという花子くんの提案で、寧々は園芸や料理などの特技を使うことにします。それらが特技になったのは、3年間片思いを続けた相手が家庭的な女の子が好みだからでした。1か月前に振られてしまった寧々は、皆に人気があってすごい人である先輩と両想いになって、その彼を見返すんだと張り切ります。それを聞いた花子くんは、相手は誰でもいいんだと笑います。

ともかく、今は源先輩と両想いになるためにその努力を生かす時です。さっそく特技の園芸を生かして、先輩の机の上にメッセージを添えた野菜を置いておきます。しかしその作戦は、学園の珍事件として扱われることとなり失敗に終わってしまいました。その後もさまざまなアピールを続けますが、どれも惨敗。全然うまくいきません。

そんなときに、寧々は花子くんが落とした人魚の鱗を拾います。同じ人魚の鱗を飲んだもの同士は、強い縁で結ばれると知った寧々は、花子くんの静止を聞かずに鱗を飲み込みます。そして、もう一つの鱗を先輩に飲ませるために先輩の元に向かいます。

見つけた先輩は、他の女の子から告白をされている真っ最中。好きな人がいるから付き合えないと、告白を断っているところでした。人魚の鱗があれば、先輩の気持ちなど関係なく縁を結ぶことができます。

しかしそれで本当にいいのかと悩む寧々の脳裏に、誰でもいいんだと言った花子くんの言葉が浮かびます。本当は先輩のことを好きだったわけではないと気づいて、悔んだときにはすでに、人魚の鱗の呪いが始まってしまいました。

人魚の呪い


意識の戻った寧々は、水槽の中でした。人魚の鱗を使った代償に、人魚の呪いで魚になってしまったのです。なぜ先輩に鱗を使わなかったのか問われた寧々は、先輩を利用しようとしていただけだと気づいたのだと答えます。両想いになれるならだれでもよかったのです。

その時、鱗の持ち主の人魚が現れました。呪いで人魚の眷属になった寧々を迎えに来たのです。しかしそれを見た花子くんは、寧々との約束である願いをひとつも叶えていないと、寧々を連れて行くことを拒みます。それでも連れて行こうとする人魚に、花子くんは包丁を取り出し戦いました。人魚は予想外の戦闘力を持つ花子くんに驚き、元の世界に戻っていきます。

そして改めて願いを聞く花子くんに、寧々は人間に戻りたいと願います。花子くんは人魚の鱗のもう一つを飲み込み、寧々の呪いを薄めて人間に戻しました。そうして花子くんと強い縁で結ばれた寧々は、願いを叶えた代償として、花子くんの助手として働くことになりました。


第1話を見ての感想・まとめ


花子くんのコミカルな雰囲気と不気味な怪異としての顔の、ギャップがすごくていいですね。絵柄と声の調子が変わる瞬間が、ぞっとします。

寧々の願いはかなり独りよがりなものでしたが、それだけ必死になれるこなのでしょう。これからや怪異との接し方や、成長が楽しみです。

第2の怪 ようせいさん

第2話のあらすじ


学園内である噂がささやかれていた。それは物を勝手に盗っていくというようせいさんの噂。物を盗られても決して探し出してはいけないという。ようせいさんの姿をみたものは、命まで取られてしまうのだから。

旧校舎にやってきた寧々の目の前に、クラスメイトがなくしたものが落ちていた。寧々はそれらを拾いながら、その先へと足を進めてしまう。

第2話のネタバレ

強制トイレ掃除


花子くんにトイレ掃除をさせられていた寧々。
今日はクラスのイケメンにデートを誘われているので帰りたいと、花子くんに交渉しますが受け入れてもらえません。デートで何をするのか聞かれた寧々は、空き教室で資料作りと答えます。

明らかにデートではなく都合よく使われているだけですが、これから進展する予定だと寧々は前向きにとらえます。相変わらずイケメンに弱い寧々に、花子くんは自分にしときなよと口説きますが、寧々はすぐに書類整理の方がましだと断ります。

 

しかし魚に戻すと脅された寧々には、トイレ掃除以外の選択肢はありませんでした。

ようせいさんの噂


授業中に先生に差された寧々は、教科書を読み上げるように言われます。
しかし、先ほどまであったはずの教科書や勉強道具がありません。それってようせいさんが出たんじゃない?と葵はようせいさんの噂を教えてくれます。

大事なものがなくなったり、必要なときにものがなくなったりしているのはようせいさんの仕業。しかし、決してその姿を見てはいけません。もしも見たならば命まで取られてしまうのです。

というのが噂の内容です。ただの噂と言い切るには、なぜか最近なくしものをする人がとても多いようです。中には、ロッカーの扉がなくなっている、という話もありました。たまたまなくしたとはとても思えないそのなくしものに、本当にようせいさんがいるのではと寧々は考えます。

 

そのとき葵が持っていたじょうろがとつぜん何かに押されてしまい、中の水が寧々にかかります。水のかかった場所に鱗が出ていることに気づいた寧々は、慌ててその場から離れました。

人目を避けて旧校舎まで来た寧々の後ろに、タオルが落ちています。ありがたく使わせてもらった寧々ですが、よく見ると他にもクラスの人たちがなくしたと言っていたものが落ちています。それらを辿って歩いていくと、何か生き物がいるのが見えます。

それがようせいさんだと気づいたときには、もう恐ろしい姿のようせいさんをみた後でした。ようせいさんを見ると命を取られてしまうという噂。たくさんの手が寧々に迫りますが、間一髪のところで花子くんが助けに来てくれます。

 

花子くんがけちらした先には、もう恐ろしい化け物はいません。その代わりにかわいらしい生き物が、たくさん倒れていました。彼らは本来の姿のようせいさんです。昔から人のそばにいて小さないたずらをしていた怪異ですが、物騒な噂のせいで攻撃的な性質に変化してしまっていたのです。

たいていの怪異は噂の内容に逆らえません。尾ひれがついてどんどん噂が変わるのと一緒に、怪異もそれに従って変わっていきます。

花子くんは学園の怪異と人間の秩序を守らなくてはならない立場のため、ようせいさんがこのままならば排除するしかありません。ようせいさんこと、怪異もっけを形作る噂の内容を変えて無害なものにしてほしいと、花子くんは寧々に依頼します。

 

寧々はそれを快諾し、これからトイレ掃除はしなくていいのかと喜びました。花子くんはそんなにトイレ掃除は嫌かと、寂しそうにします。放課後一緒に話をする、友達のような関係が懐かしいと空を見上げるのでした

それをみていた寧々は、今まで花子さんと呼んでいた彼を花子くんと呼び、その方が友達っぽいでしょ?と笑いかけました。あくる日、ようせいさんの噂をする生徒たちがいました。殺されちゃったりしてとからかう生徒に、寧々は飴を渡します。

ようせいさんの被害に会ったら、飴を持ち歩くと殺されないし、なくしものも止まるんだって、と新たな噂を流す寧々。学園内ではもっけが、嬉しそうに飴を持ち歩いているのでした。

 

祓い手の少年


屋上で会話をしている寧々と花子くんのもとに、妖怪を祓ってきた家系の源を名乗る祓い手がやってきます。

使命感に燃えている彼、源光は、さっそく花子くんに襲い掛かります。振り下ろした武器は、代々家に伝わっているという退魔具の雷霆杖。雷を放出するその武器に、さすがの花子くんも痺れて倒れてしまいます。

止めを刺そうと雷霆杖を振り上げる光の前に、立ちふさがったのは寧々でした。寧々は花子くんは悪い怪異ではないと言いますが、光はそれは違うと慌てます。怪異トイレの花子さんは、光の祖母がやっとの思いで封印した凶悪な悪霊であり、包丁を武器に使っているのは、生前凶器として使った証拠。その包丁で誰かの命を奪ったのだと。

 

ショックをうける寧々の後ろから、やってきた花子くんが光に包丁を向けます。花子くんは、確かに人を殺したのだといいます。しかしトイレの花子さんの役目を全うできればその罪は消えると神様に言われたのです。なので、役目を終えるまでは祓われるわけにはいけません。

そして、おちょくるような動きで光を圧倒したのちに、雷霆杖を封印してしまいます。

花子くんは、雷霆杖を使いこなせていない光が自分もダメージを受けていたことに気が付いていました。皆を守るためなら命なんか惜しくないと強がる光に、花子くんは君はいずれ優秀な祓い手になる、期待しているよと笑いかけました。

 

第2話を見ての感想・まとめ


もっけちゃん、とてもかわいかったです。これからもちょこちょこ走り回ってくれるのでしょうか?
本来はあんなにかわいいこなのに、噂のせいで化け物になってしまうなんてかわいそうです。

ストーリーの本筋の、合間合間に挟まる寧々と花子くんの掛け合いがコミカルですね。シリアスしててもちょこちょこラブコメを入れてきて、面白いです。

 

3 「地縛少年花子くん」のあらすじ・原作漫画・小説(初心者の方も分かりやすく解説)

かもめ学園高等部1年生の八尋寧々は、学校の七不思議の中でもっとも有名な七つ目を試します。七不思議のひとつ、トイレの花子さん。旧校舎3階女子トイレの3番目に花子さんがいて、呼び出した人の願いを叶えてくれます。ただし願いを叶えてもらう代償に、何か大切なものが取られてしまうというものです。

該当のトイレでノックを3回して、「花子さん花子さんいらっしゃいますか」と尋ねると花子さんが現れるという、シンプルな儀式を終えた寧々。寧々の元に現れたのは、伝承のようなおかっぱに赤いスカートの女の子ではなく、学ランの男の子でした。

想像していた姿は違いましたが、無事トイレの花子さんを呼び出すことに成功した寧々は、自分の願いを頼みます。それは「憧れの源先輩と両想いになりたい」という願いでした。

 

不思議な力で、両想いにしてもらえると期待していた寧々。しかし、花子くんからもらったのは、普通のアドバイスでした。寧々はアドバイスを実践してみますが、まったくうまくいきません。

そんなときに、寧々は花子くんの落とした人魚の鱗を拾います。それは縁結びのちからを持つアイテムでした。同じ人魚からとれた鱗を飲んだもの同士は、非常に強力な縁で結ばれます。その代わりに、人魚から呪いを受けることになるのです。

寧々は花子くんの静止も聞かずに、鱗を飲み込み源先輩の元に向かいます。見つけた源先輩は、ちょうど他の人から告白をされている最中でした。源先輩は、好きな人がいるとその告白を断ります。

 

結局先輩に鱗を飲み込ませることが出来なかった寧々ですが、身体に変化が起こります。人魚の呪いが、発生したのです。寧々は呪いにかかりながら、先輩の気持ちを無視しようとしていた自分の身勝手さを悔みます。

寧々は先輩が好きだったわけではなく、ただ利用していたと気づきました。付き合えれば、だれでもよかったのです。しかしもはや後悔は遅く、寧々は魚になってしまいました。二人で呪いを受ける場合は呪いが分散されますが、鱗を飲んだのは寧々だけだったのですべての呪いが寧々にかかったのです。

そんな寧々の元に、鱗の持ち主の人魚が寧々を連れ帰ろうとやってきます。花子くんは包丁を使い、人魚を追い返します。

 

そして、まだ願いが成就されていないため、寧々の願いを聞いてあげられると花子くんは提案します。寧々は人間に戻ることを願いました。花子くんは人魚の鱗のもう一方を飲み込み、呪いを分散させて引き受けます。

その結果寧々は、濡れると鱗が出るという点は呪いが残りましたが、無事人間の姿に戻ることが出来ました。その代わりに花子くんと、強い縁で結ばれることになったのです。

寧々は願いを叶えた代償として、花子くんの助手となります。花子くんの役割は怪異と人間の橋渡し。怪異と人間との間に問題が起これば、解決しなくてはなりません。

 

花子くんの助手となった寧々は、次々と怪異に巻き込まれ解決の手伝いをすることになりました。こうして、普通の女の子の寧々と怪異の花子くんの物語が始まります。

 

4 「地縛少年花子くん」の主題歌、オープニングやエンディング

OPは地縛少年バンドの「 No.7」。

地縛少年バンドは、数々の人気アニメソングを手掛ける生田鷹司×オーイシマサヨシ×ZiNGでこのアニメのために結成されたバンドです。アニソンらしい楽しい曲が期待できます。

EDは鬼頭明里の「Tiny Light 」。

鬼頭明里はメインキャラクターの八尋寧々の声優です。キャラクターソングのようなエンディングになりそうです。

5 「地縛少年花子くん」の会社・スタッフ

原作:あいだいろ(掲載 月間「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)
監督:安藤正臣
シリーズ構成・脚本:中西やすひろ
キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤真由加
助監督:仁昌寺義人
美術監督:栗林大貫(KUSANAGI)
美術設定:須江信人
色彩設計:多田早希
色彩設計補佐:南木由実
撮影監督:酒井敦子(MAD BOX)
プロップデザイン:本多弘幸
2Dデザイン:小島寛之
怪異デザイン:岩畑剛一
編集:伊藤利恵
音響監督:飯田里樹
音響政策:HALF・P STUDIO
録音調整:天野龍洋
音響効果:宅間麻姫
音楽:高木洋
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーションプロデューサー:比嘉勇二
アニメーション制作:Lerche

地縛少年花子くん公式HP

制作会社は「彼方のアストラ」や「がっこうぐらし!」などの作成会社の、Lercheです。独特の世界観を表現するのを得意としている会社なので、花子くんの不思議な世界観も素敵に表現してもらえるかと思います。

6 「地縛少年花子くん」の主な声優

花子くん:緒方恵美
他の出演作品(一部) 新世紀エヴァンゲリオン(碇シンジ)、幽☆遊☆白書(蔵馬)
八尋寧々:鬼頭明里
他の出演作品(一部) 鬼滅の刃(竈門禰豆子)、まちカドまぞく(千代田桃)
源光:千葉翔也
他の出演作品(一部) ようこそ実力至上主義の教室へ(綾小路清隆)、月がきれい(安曇小太郎)
源輝:内田雄馬
他の出演作品(一部) BANANA FISH(アッシュ・リンクス)、ウルトラマントレギア(ウルトラマンタイガ)

7 「地縛少年花子くん」のまとめ

不思議な怪異たちとの世界を楽しめる、地縛少年花子くんについて紹介してきました。妖怪などの怪異のいる不思議な世界観が好きな人や、オムニバス形式のアニメが好きな人におすすめです。

ちょっぴり意地悪な花子くんと謎を解決していく、地縛少年花子くんをぜひご覧になってください。

おすすめの記事